債務整理全般

債務整理の相談はいつドコでするのが良い?ベストなタイミングと方法

投稿日:

どうしても周囲に話辛い借金の話。

債務整理を考えたとしても、家族や友人などにはなかなか相談できないですよね。

そんな時にどうしたら良いのか?ということについてのお話です。

債務整理の相談は弁護士へ

結論から言うと弁護士事務所に相談するのが最も最適です。

借金問題に関しては相談料無料になっているところも結構多いので、相談にありつき易い点がポイントです。

また、実際に債務整理に取りかかることになった場合、弁護士なら借金の督促を停止させることが可能なので

手続きに掛かる費用を貯めることもできます。

 

弁護士以外には司法書士でも借金問題を取り扱っていますが、弁護士と比べると様々な制限が掛かっているためオススメはできません。

司法書士にかかる制限

  • 140万円を越える案件には着手できない
  • 裁判の代理人になれない
  • 個人再生、自己破産において、書類の作成にしか関われない

大事な場面で介入できない。というのが司法書士です。

140万円以下の借金に対して任意整理を行うのであれば、司法書士も候補になりますが

基本的に弁護士に相談するのが最も確実です。

借金問題を得意としている弁護士であれば、経験を活かした交渉もできるので有利に進めることができます。

債務整理の相談を行うベストなタイミング

もう返済に手が回らない状態なら、今すぐにでも相談したほうがいいです。

すぐに手を打てば何とかなる事も多いです。

放置して遅延損害金が膨らんだりするほうが、余計に大変になってしまいます。

 

まだ返済の余力はあるけど、ギリギリだったり少し踏み外すと返せなくなる綱渡り状態な場合でも弁護士へ相談することをおすすめします。

いずれにしても苦しい現状なら早い段階で弁護士に相談へ行くことをオススメします。

 

早い段階ならいろんな手が使えますからね!

首が回らなくなってからだと、取り返しが付かなくなることもおきます。

持ち家があって自己破産を避けたいと思っているのであれば、借金が莫大に膨らむ前に相談しておけば、個人再生を利用して自宅を残せるかもしれません。

車などの財産を所有していて、手放したくないなら、早めに相談することで任意整理で返済額を抑えることができるかもしれません。任意整理なら信用情報に傷も付きません。

 

やってしまったことは悔やんでも仕方ないですから、少しでも早急に解決できるように最善の手を尽くしていきましょう!

-債務整理全般

Copyright© 借金の時効は非現実的!理由と借金を減らす方法を紹介! , 2018 All Rights Reserved.