個人再生

個人再生とは?家を残しつつ大きな借金減額が見込めます!

投稿日:

債務整理のうちの1つ『個人再生』ですが、どんなものなのか?ということについて詳しく説明したいと思います。

個人再生とは

裁判所を通して手続きが進められ、全体の借金の内一部を免除することで借金を減額する方法になります。

減額した後は主に3年~5年掛けて返済していく形になります。

 

大体の場合、個人再生による借金の減額幅は80%減になることが多いです。

つまり、借金が5分の1。500万円の借金なら100万円にまで減るということです。

 

借金の減額については、債務額によって変動するので以下のような形になります。

借金100万円以下減額なし
借金100万円~500万円以下100万円の借金が残る
500万円以上~1500万円以下5分の1に減額
1500万円以上~3000万円以下300万円の借金が残る
3000万円以上~5000万円以下10分の1に減額

このようにかなり大きな減額を見込めますが、200万円程度までなら個人再生を行うメリットが少ないので、任意整理で済ませられないか検討したほうが良いでしょう。

また、上記の減額を行ったうえで、5年程度の期間でも返済が厳しい場合は交渉にも寄りますが、自己破産の検討が必要になってきます。

 

気をつけなければいけないのが、住宅ローンは借金に含ませることができないということです。

住宅ローンが2000万円残ってて、消費者金融が200万円の借金合計2200万円だからローンも300万まで減るのか!

とはなりません

個人再生の場合、家を残すのであれば住宅ローンは別物と考えられます。

なので、いつも通りの住宅ローン+減額後の返済額を毎月払っていくことになります。

 

 

個人再生は裁判所を介して進められる手続きなので、非常に難解です。

個人で行うにはハードルが高すぎるため、弁護士への依頼は必須です。

また、財産を所有している場合、財産調査や清算が行われるのですが、それを担当するのは弁護士になります。

弁護士と契約していない場合、裁判所指定の弁護士が行うことになり費用が20万円程度発生します。

弁護士へ依頼してもしなくても結局お金がかかるということは事前に知っておきましょう。

 

 

個人再生で扱う借金の範囲は、債権者全てになります。

債権者を平等に扱わなければいけないので、アコムは減額するけどプロミスは減額しません。といった事はできません。

そして、親族や友人などからの借金も対象になるので、周りに迷惑を掛けてしまう可能性もあると認識しておきましょう。

-個人再生

Copyright© 借金の時効は非現実的!理由と借金を減らす方法を紹介! , 2018 All Rights Reserved.