任意整理

任意整理とは?一番簡単にできる債務整理方法です!

投稿日:

主に3種類ある債務整理のうち、一番簡単に借金減額が期待できる債務整理方法になります。

ただし、簡単な分個人再生や自己破産と比べると減額できる幅が小さい点には気をつけましょう。

任意整理は専門家が交渉を行う

そもそも任意整理とは、弁護士や司法書士などの法律に関する専門家が銀行者、金融業者に対して交渉をすることによって行える債務整理方法です。

 

借金に悩んでいる人が自ら金融業者に減額の交渉をしてみても、なかなか相手にしてもらえることはありません。

仮に応じてくれたとしても、悪条件で提案されてしまうことが一般的です。

そこで、弁護士や司法書士に依頼して金融会社に交渉してもらうことで、いい条件で和解をしてもらうというのが通常の流れになります。

(司法書士の場合、140万円を超える案件には関与できません。)

 

自分で交渉したとしても、相手は普段から様々な交渉に慣れているプロですので、上手く言いくるめられるのがオチです。

素直に専門家に依頼するのが正しい選択と言えるでしょう。

任意整理は手続きが簡単

自己破産や個人再生は裁判所を通じて行う手続きになりますが、任意整理に関しては裁判所やその他公的機関に一切関係がなく、弁護士と債権者間での話しになります。

交渉次第でどうなるかが決まるだけなので、法律的なルールは特にありません。

弁護士の交渉によって、債権者が同意してくれればそれで手続きとしては終了になります。

時間も他の方法に比べてかなり早く済むので、債務整理を考えたときは一番最初に検討したいのが任意整理ですね。

任意整理の主な交渉内容

実際のところ弁護士は債権者に対してどんな交渉をするのか?

ちょっと気になりますよね。

交渉に関しては、個々の債務状況や収入などによって変わりますし、ルールは無いので様々な交渉結果になるのが特徴的です。

そんな中でもよく行われる交渉について紹介したいと思います。

元金を減らせないか?

あまり成功しないパターンですが、頭金としてまとまったお金を用意し、借金の元金そのものを減額してもらう交渉です。

自己破産になってしまうと債権者にはお金が戻らないので、自己破産にならないように支払い総額を下げてもらうといった形になります。

ただ、債権者としては元金を減らすとタダでお金をあげたような状態になるのであまり好まれるものではありません。

利息を無くせないか?

一番ポピュラーかつ成功しやすいパターンです。

これから掛かってくる利息を完全にカットしてもらい、今後の返済は全て元金に充ててもらう交渉になります。

債権者的にも債務者的にもなんとか折り合いが付きやすい地点なので、利息カットは成功するケースが多くなっています。

任意整理までにある程度の期間利息を支払っていたとすれば、残りの元金が利息0だったとしても債権者はプラスで契約終了できるので、納得できるというわけですね。

過払い金がないか?

契約が長期にわたっている場合は過払い金の発生が考えられます。

もし過払い金が発生していた場合、一度借金返済開始時から適切な金利で計算しなおして、過剰に支払っていた利息(過払い金)が出たら

現在の元金に充てるということが行われます。

引き直し計算とも呼ばれています。

月々の返済額を減らせないか?

これは利息カットなどと併せて行われることが多いですが、実際利息カットだけでは返済を続けるのが困難な場合が非常に多いです。

借金の総額が減ったとしても月の支払額が替わらないと返済が滞ることに変わりはないですからね。

そこで、返済額の交渉を行います。

具体的には3~5年程度で返済できるように、返済計画を立て直します。

仮に5年でも返済額がキツイのであれば、さらに交渉を重ねていくことになります。

8年という長期計画が通った例もあるので、あなたが確実に返済を続けられる額になるまでしっかり考えたほうがいいですね。

任意整理についてまとめ

任意整理は弁護士と債権者の個人間の交渉なので、ほんとに形はさまざまです。

3ヶ月おきにある程度まとまった額を返済する。といったケースや3~5年という一般的な範囲を超えても同意されるケースもあります。

債務整理の中で一番簡単な方法なので、可能なら任意整理から行えないか検討していくのがおすすめです。

-任意整理

Copyright© 借金の時効は非現実的!理由と借金を減らす方法を紹介! , 2018 All Rights Reserved.